痛風になると足の親指から痛くなる

痛風と言う病気は、プリン体と言う物質が蓄積されてなる病気です。具体的な症状は、足の親指の先に痛みが走ります。その内、足の指全体に痛みがありひどい時には歩くこともできないほどの痛みに襲われるのです。

一度痛風になってしまうとなかなか治りにくい病気ではありますが、治療をすると痛みがましになります。完全に痛みが無くなるまでにはそれなりの期間が必要になってきます。急に足の指が痛くなったら痛風を疑うべきです。

現在ではいろんな栄養素が含まれたサプリメントが市販されていますが、痛風に効果的なサプリメントは存在していません。なので痛風になってしまったら病院で診てもらう事が必要です。痛みを感じた時に病院へ行けば、早期治療が見込めますので大丈夫です。

芸人さんにも痛風をカミングアウトしている方もいますし、誰にでもなる可能性がある病気です。昔から贅沢病とされてきた痛風ですが、ビールやお刺身などに多く含まれているプリン体なので日頃からの食生活が大事になってきます。

 

痛風をほっておくと危険です

痛風は血中の尿酸値が高くなり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。足の親指の付け根が痛くなるということが多く見られます。痛風の原因となる高尿酸血症には排泄低下タイプ、産生過剰タイプ、混合型の3つのタイプがあります。

痛風の患者は男性が圧倒的に多いです。尿酸値は健康診断などで血液検査をしないとわかりません。尿酸値が高くても自覚症状がないので痛風の発作が出て初めて高尿酸血症に気づく場合もあります。尿酸値が高い状態をほっておくのは危険てす。

きちんと医療機関に行って、医師に痛風について解説してもらう必要があります。痛風の要因となるのは暴飲暴食、肥満、ストレスなどです。尿酸値を下げるためには生活習慣の改善をしていくことが大事になってきます。

バランスのよい食事をとり、プリン体の多い食品は控え、飲酒をしている場合には休肝日を作るようにしましょう。食事で体を改善していくのは時間がかかりますが効果は必ず出てきます。

 

痛風対策にはカリウム

痛風は、風が吹いただけでも痛みを感じるくらいの強い痛みが出ます。痛風を和らげるためには、尿酸値を下げなければなりません。尿酸値は血液検査をすれば、値が出てきます。尿酸値の値が長い期間高い状態でいることで、体に無理がかかり痛風の症状が出てくるからです。

尿酸値を下げるためには、カリウムが必要です。カリウムを多く摂取することで、尿酸値を下げる作用が働くので痛風の症状が和らぐことが期待できます。カリウムは、積極的に摂取するように心がけることが大切です。

カリウムをたくさん摂取するのが難しいときには、痛風サプリメントを使用することがおすすめです。毎日必要量を確実に摂取できるからです。手軽で、食べずぎ防止にもなります。そして、水分を多くとることで、尿として尿酸を体の外に排出していきます。

尿酸は、体の中にため込まないことで痛風の対策になります。この2つの方法で体に働きかけることで、痛風の痛みが減ることを期待できます。